携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第2 民事調停

2 申立
(1) 申立権者

民事調停法2条は、「民事に関して紛争を生じたときは、当事者は、裁判所に申立をすることができる。」と規定しています。
したがって、民事調停を申立てることができるのは、紛争の当事者ということになります。紛争のある契約の当事者や、不法行為で加害者と被害者の間に紛争がある場合のその加害者と被害者などは問題なく「当事者」に当たります。