携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第2 民事調停

2 申立
(5) 提出書類

(イ) 添付書類
民事調停の申立の際には、申立書の他に、資格証明書等及び証拠書類の提出が必要となる場合があります。
(ロ) 資格証明書等
基本的には、民事調停の申立に際して、資格証明書等は必要ありませんが、下記(a)から(c)の場合には、資格証明書等が必要となります。
(a) 紛争当事者が法人である場合
法人の登記事項証明書又は資格証明書が必要となります。
(b) 紛争当事者が未成年である場合
法定代理人である両親が申立をすることになるため、戸籍謄本又は戸籍抄本の提出が必要となります。
(c) 代理人が申立を行う場合
弁護士に依頼する場合には、紛争当事者が弁護士に申立を委任する旨の委任状、弁護士以外に依頼する場合には、委任状に加えて代理人許可申請書が必要となります。
(ハ) 証拠書類
紛争に関する証拠書類がある場合には、その原本又は写しを、申立書と共に提出することになります。
もっとも、申立書と同時に提出することができない場合でも、後日、証拠書類のみを提出することができます。